インフラエンジニアさんの業務内容

新卒でIT業界に入るぞ!!なんてまだ業界の事が良く分かっていない若者や、ITとはあまり縁のない方にとって…。

IT業界のお仕事 → プログラマー →カタカタなんか作ってる

だと思うんですよね。自分もそうでしたし。インフラエンジニアって何よって感じですよね。
でもそんな縁の下の力持ち的な存在であるインフラエンジニアってのも業界の中では非常に重要なポジションでして。その人口も少なくもないです。システムエンジニアやプログラマー同様に次々と新しい技術や製品も出てくるので常にお勉強が欠かせない仕事です。
簡単に言うと自作パソコンのもっとすごい版って感じでしょうか。(自作パソコン:パソコンに必要なパーツを買い集めて組み立てて動かすパソコン、カスタマイズ自由、結構簡単に作れます)

さて、そんな重要なんだけどやっぱり存在感がちょびっと薄いインフラエンジニアって何をやってるのよ??って人が少なくないと思うので、インフラエンジニアが何をやっているのかご紹介をしたいと思います。

インフラエンジニアの職種

インフラエンジニアもいくつかにカテゴライズが出来るのですが、いくつか挙げられる職種をピックアップしてみました。ただインフラエンジニアって結構これってポジションを固めていることの方が少なくて、サーバーもネットワークもDBも関係なしに触れるなら触ってよってのが大方のスタンスな気がします。強いて挙げれば下記になるかなって感じです。

サーバ構築中

サーバーエンジニア

Windowsサーバ、Linuxなどなどその他OSも含めてサーバに関する設計~構築~テストを担当するエンジニアを指します。仮想化やクラウド化などここ最近さらに幅も広がってきてしまって、更に経験の有無が求められる時代になってきたような気がします。
主な業務内容として顧客の予算内で求めている要件を満たすようにサーバ環境を設計するところから、サーバのラッキング、アプリのインストール・設定、導入までを担当します。
インフラエンジニアの中でも需要は最も高いといえるぐらい貴重なカテゴリーです。

ネットワークエンジニア

名前の通りのエンジニアにはなりますが、サーバ間とスイッチやルータ、またネットワーク機器間などを構築していくエンジニアになります。もちろん計画や設計あたりからしっかりできる方は重宝がられます。なんかかっこいい響きでちょっと憧れるイメージを持つ方がいますが(私がそうでした)、ネットワーク機器やケーブルなどをよく触ることになるので実態は結構泥臭い仕事をしています。
新規や増設、移設などを行う際にはサーバーエンジニアについで需要の高いポジションになります。

尚、サーバ・ネットワーク構築の作業の流れは簡単に下記のような感じです。

  1. お客さんが満たしたい要望・予算を確認
  2. 機器の選定
  3. 設計書の作成
  4. 機器の構築
  5. テスト
  6. 本番稼働開始後は保守

データベースエンジニア

データベースはそれぞれのシステムやユーザーが利用するデータを管理しているサーバです。セキュリティ面や特性などがあり教育、経験が求められるエンジニアです。重要性は引き続きあるポジションではありますが、ここ最近はデータベース専門の担当を設けるプロジェクトは減少傾向にあり、サーバーエンジニアが兼任することもしばしばあります。ただ設計から構築するにしてもサーバの設計とはまた内容が変わってきて、データベースの中の専門的な知識が必要になってきます。また一定のメンテナンス、状況に応じて再構築なども行うこともあります。

インフラ保守エンジニア

サーバやネットワークのインフラ環境は作ってしまえば一旦は構築としてのプロジェクトはおしまいです。ただ作ってからが本番稼働の開始。作ったものと基礎としてユーザーは環境を利用することになります。その環境がずっと障害が起きないなんてことはありません。むしろ本当に安定した環境を構築して、設計に寸分の狂いのない状態が維持されることなんて基本的に有りません。そのために本番稼働後のトラブル対応を専門とするエンジニアをインフラ保守エンジニアと呼ばれます。利用している環境の事はもちろん、多方向からの目線での様々な障害やトラブルへの対応能力が求められます。

インフラ運用オペレーター

インフラ保守エンジニアと似たようなポジションで担当するのがインフラ運用オペレーターです。ある程度の大規模なシステムになってくると24時間365日常に監視の目を光らせておく必要があります。システム上の監視システムもありますが、全てが自動的に対応やリカバリーされることはなく、人の目を常に離さないでおく必要もあります。そのための担当がインフラ運用オペレーターです。高い技術力は求められませんが、24時間365日昼夜関係なく対応が求められます。非常に体力の求められるポジションになります。

インフラ構築プロジェクトの大まかな流れ

新しくサーバやネットワーク環境の構築を行う際には基本的な構築工程があります。この辺は開発エンジニアと同様です。ざっくりとですが下記のような順序で進められます。もちろんプロジェクトや担当さんによってやり方は変わってくるので基本的な一例ではあります。

ネットワーク機器の構築中

要件定義

システムの開発同様にどのようなシステムを作っていきたいのか、どれくらいのボリュームになってくるのか、どれだけの予算があるのかなどの情報は必要になってきます。またサーバやネットワーク環境はどこに設置してどれだけのスペースがあるのかなどを踏まえて機器やミドルウェア、アプリケーションの選定を行っていきます。それらを基本としてどのような環境でサーバやネットワーク環境を作っていくのかということを検討していきます。

機器調達

システムの開発違い物理的にサーバやネットワーク機器を調達する必要があります。

設計

顧客側の要望が固まったら、それらを踏まえて設計に入ります。どのような構造になっていくのかということと併せて、ハードウェアやアプリケーションの設定値なども含めて細かく設計を決めてドキュメントとして作成をしていきます。

構築

どのように設定をしていくかという細かな設定が決まり、設計書が完成したら構築作業に入ってきます。基本的に決められた設計に沿って各ハードウェアの接続から設定、アプリケーションの設定を行っていきます。

テスト

構築作業が完了したら本当に要件を満たしている通りに機能を実現できているのか、そもそも正しく設定がされているのか確認とテストを行います。
テストまで行えば一旦は構築としてひと段落で必要なシステムを作って、それらを導入していくことになります。この点については開発担当の業務になってきます。

運用設計

メインとなるシステムも完成して導入が完了したら次は実際に動かしていくルール作りや方法を決めていかなければなりません。すべてが自動で動いて何らトラブルがないのであれば良いのですが、なかなかそうもいきません。そのために人がどのようにかかわって、こうなった場合はどう対応するという観点や、日常的なルールなど幅広く運用していく方法を設計していきます。基本的には手順を決めていくと言った方が正しいかもしれません。

本番開始(運用保守)

全ての準備も整い本番運用の開始です。基本的に運用設計に従ったルールの上で運用を行っていきますが、想定外の事も多々起こりえます。その際は都度どのような問題があるのかを特定して、改善を図っていき最終的には基本的な問題がない状態にしていくことが初期段階の重要なミッションとなってきます。

このページではさらっと書いてみましたが、言葉だけではあまり分かりにくいですよね。さらに細かな詳細やもっとわかりやすく噛み砕いた説明については各項目で説明していけたらしていきたいと考えています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 匿名 より:

    現在情報系とは無縁の理系学生ですが、インフラエンジニアとセキュリティエンジニアに興味があります。
    後者についての記事(需要や求められる人材など)も書いて頂けたらなと思います。

    • kamei-m より:

      コメントを頂きありがとうございます!セキュリティエンジニアは外部からの攻撃やウイルス、セキュリティ問題なども発生しているのでやっとここ最近需要が高まってきた感じですね。なので業界の中でもあまり確立されていないのが現状ですが、今度知っている限りの情報でも詰め込んで記事にしますね。のんびりお待ち下さい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA