システムエンジニアとプログラマを知る

システムエンジニアの業務内容

IT業界でのエンジニアの立場でまず大きく2つのカテゴリーがあり、「ソフトウェア」と「ハードウェア(インフラ)」になります。そのソフトウェア側の開発者の立ち位置になるのが「システムエンジニア」です。
システムエンジニアと同様にソフトウェア側の開発者の立ち位置にいる「プログラマ」もありますが、大まかには担当する業務(工程)が違います。どういったものを作っていくのかという設計や調整・管理を行っていくのが「システムエンジニア」。そのシステムエンジニアが作った設計書を基にしてコーディングを行うのが「プログラマ」です。ざっくりした言い方をするとシステムエンジニアが管理者、プログラマが作業者といったところでしょうか。

システムエンジニア

  • 工程:要件定義・設計・調整・レビューなど
  • 経験:3~5年以上の業務経験が必要

プログラマ

  • 工程:コーディング、テストなど
  • 経験:1年目から担当可能(研修などを受けたなど一定の知識や経験は必須)

業界的な需要

需要という考えではもちろん業界全体的な景気に左右されるので、不景気の際は需要はどんな立場であっても下がってしまうのですが、2015年8月現在としては景気も上昇傾向でシステムエンジニアの人材不足は慢性的に発生しています。つまりかなり高い需要が維持されており、多方面から引き合いは強くもらえる状態です。今後もIT業界でのシステムを開発するという仕事がなくなることはなく、ますますシステムエンジニアなどのシステムを開発できるエンジニアの需要は高まっていきます。その為に技術を身につければ、基本的にくいっぱぐれるようなことはないでしょう。ただその為には自主的な学習は必須。
また事態に合わせて言語知識の習得は必要になってくるでしょう。現時点ではJAVAや.NET系、PHPのエンジニアについてはかなり高い需要があります。今後も当面はこれらのエンジニアについては必要とされるのは間違いありません。

実際のところどうなの

実際にシステムエンジニアとして仕事をするとなるとどこのプロジェクトに入って、どこの会社で、どの立ち位置で仕事をしているかによって大きく変わってきます。それによっても大きく善し悪しが出てくるのは事実です。それによってやりがいが感じられるかどうか、給与がどうなどかという点も左右されてきます。
システムエンジニアという立場上、設計経験や過去に携わってきたシステムの特性・業種などについても重要になってきます。関わってきた業種でのシステムについて理解しているかどうかによって、作れるシステムの質も変わってくるからです。またこれはどの立場にも言われることですが、より重視されるのはコミュニケーション力です。プログラマの管理、顧客との打ち合わせなども発生する立場なので堂々と相手と話せるだけのコミュニケーション力は求められます。この一つだけでも大きく評価は変わってきます。技術や経験はもちろんの事、人としての魅力も求められる立場ではある感じですね。

給料は良いの?

貰える給与についても当然ながら所属する会社や立場、雇用形態によって大きく左右されます。まずはそれは大前提と考えて下さい。
サラリーマンの平均的な給与を例にして話をするのであれば、平均的な給与に比べればやや高い位置になります。ただ基本給が少なく、残業がやや多くなりがちな職業(立場)なので残業代で稼いでいるという背景も往々にしてあります。

30代エンジニア2180人に聞いた平均年収の実態と満足度
http://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=002284

上記データは一例といったところです。会社規模、仕事を受けている立ち位置、自身の技術力などなどで様々です。給与だけの事を言うのであれば、より高い立ち位置で、より規模の大きい企業で、高い能力を身に着けておくことでもちろん給与は上がります。そういう意味では努力次第で給与は上げられる業界であるということは言えています。システムエンジニアやプログラマはそれが如実に表れてきます。ただ高収入を得ているエンジニアさんは必ずと言っていいほど、それだけ会社に時間を拘束されています。「毎日定時上がりで高収入!」というのはなかなか転がっている話ではないですよね…。

将来性はあるの?

IT業界そのものの話でもありますが、やはりIT技術を駆使して物を作る、管理するということが今後無くなる、衰退するということは当面…というか四半世紀のうちは無いでしょう。と言っても流行り廃りの早い業界なんで絶対なんてこともあり得ませんが。ただまあ当面はある程度の仕事に恵まれるであろう業界です。インターネットがなくなったり、世の中で動いている様々なシステムが無くなったりすることは無いですしね。

システムエンジニアとして何が必要?

ただ他業種に比べて圧倒的に能力主義です。技術力とコミュニケーション力が無ければ生きていく事はできません。物を作る力、広くに渡った知識は必須です。そしてこの業界の多くの人に不足しているのがコミュニケーション力。一人で仕事をして完結するのであればいいのですが、システムエンジニアやプログラマはお客様がいるからシステムを作ったりしているわけです。お客様としっかりとコミュニケーションが取れなければお客様の希望をより詳細に聞き出して作ることも出来なければ、仕事をもらうこともできません。またシステムをすべて一人で作れるならいいのですが、基本はチームを組んで仲間と作っていく事になります。チームプレイをしていく為にはやはりコミュニケーション力です。個人的には技術力よりもコミュニケーション力が重要と考えています。技術は後からでも付けれますしね。
これからこの業界を目指していく方、まだこの業界に入ったばかりの方。技術力を高めることはもちろんのことながら、知らない人としゃべる力を身に着けることもチャレンジしていってはいかがでしょうか。あ、もちろん心身ともに健康であることが何より大事ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA