SIer・IT企業は内製化するべきか人出しをするべきか

会社は内製化するんだとか自社でなんか作るんだといいますが

内製化と一言で言っても、どういう企業が内製化するかによって話がちょっと変わります。ユーザー企業が内製化するとなると、ITとは別の事業を持っており、内製化して社内のシステムを作ったり保守していくんだという意味になってしまいます。
SIer(IT企業)の内製化と言うと受託開発や自社製品の開発をするって話になります。今回の記事はこういったIT企業が内製化するべきか、それとも人出しで客先や請け負ってる企業に派遣していくビジネスモデルをやっていくべきか。ってお話です。一応想定はあんまり内製化できていない中小のSIerやIT企業です。

結構、っていうかかなり難しいSIer・IT企業の内製化

内製化を促進しよう的な企業はたくさんありますし、私の所属している企業も内製化に向けてコツコツ進めていますが、まあ内製化をするというのは非常に難しい話です。

内製化のメリット

内製化する事のメリットはたくさんあります。

  • 人出しばかりやっていると、自社の仕事をしているという意識が根付かないために帰属意識が付きにくい環境にあります。まあ自分の会社にほぼ出社することなんてないんだから、帰属意識もなにもないわな。結果内製化すれば、帰属意識は付き易くなります。
  • 技術・業務知識・ノウハウの蓄積が出来ます。人出しで客先に出るとまず相手の都合上、人手が足りていないところをスポットで助けに行くという機会が圧倒的に多いです。製造、テストだけやる手が欲しかったとか、そんな話ばかり。下流工程ばかりやってりゃ、そりゃそのシステムの業務知識が付かないわ、そもそも設計やプロジェクト自体をコントロールする力なんて身に付きません。
  • 企業として身に付けた業務知識・ノウハウや技術を活用してさらなる事業拡大が出来る。横展開ですね。
  • うまくやれば技術や知識を生かして自社パッケージ開発へ。

内製化のデメリット(リスク)

デメリットもあります。っていうかリスクですね。

  • 初めて内製化していくようであった場合、立ち上げが苦しい。元々所属しているエンジニアにリーダー性、技術、ノウハウ、業務知識などを習得していて、仕事を請け負っても管理出来るだけの力がある人がいれば立ち上がりはまあまあ順調にいく可能性は高まりますが、そんなエンジニアそこらにはいません。大体いいとこの会社にいってるなどで、中小企業がそれをやろうと思うと地獄。大体赤出して失敗。
  • 収益化が難しい。自社で社員を雇用しながら仕事をうまく回さないといけません。人件費や環境構築などしようと思ったらそれなりの初期投資とランニングコストが掛かります。それをいきなりやってもうまくいく事の方が稀。そしてコンスタントに仕事を取ってこれる営業力も必要です。
  • コントロールし切れないと仕事がなさ過ぎて赤字か、大炎上して追加で協力会社のエンジニアを突っ込んで赤字、最悪なのはさらに炎上。または社員の疲弊化→退職して技術流出で目も当てられない必殺コンボ。

と、まあ、IT企業やSIerが内製化をしていくと言うのは、かなりリスキーなビジネスモデルでして、その分うまくやればリターンはあるんですが、リターンにたどり着く前に大体ぽしゃるのがオチです。うまくやってる企業が羨ましいです。

人出しは安定しているビジネス

いわゆるSES(システムエンジニアリングサービス)が横行しているIT業界ではございまして、一部エンジニアについては使い捨てのように扱われている今日この頃でございますが、結局これだけ業界全体で使われているのは、それだけお互いにメリットがあるから広がっているわけでして。

システムエンジニアを受け入れる側(借りる側)にしたら、スポットで人手が足りない時が良くあります。下流工程になれば特にマンパワーで片づけてしまいたい事も多く。また納期が迫ってきていて、開発を急ぐ時なども便利です。そしてプロジェクトが落ち着いてきたら契約を終了すればいいだけですからね。元々アウトソーシングとはそういう使い方をするものですし、正しい使い方です。じゃなければ雇用しますしね。

システムエンジニアを出す側(貸す側、出向や派遣させる側)にとってもメリットがあります。上記の内製化の反対で、エンジニアを貸している間は安定して契約金が入ってきます。契約金額を本人に支払う給与以上の金額で契約をすればいいだけで、それで安定して収益が生まれます。プロジェクトが終わればまた次を探すだけ。非常にシンプル。且つ確実で安定。そりゃあみんなSESやりたがるわけです。

が、出されているエンジニアさんたちにとっては色んな感情が渦巻くわけでして。

結局企業は何を目指すべきか

これは経営学的な話ですが、きちっと経営理念を掲げて、それを社員に理解をしてもらうところから。そして事業の方向性をしっかりと示していく必要が…って言い出すと、ちょっと難しい話をするようでやめときます。

簡単に言うと社内で物作るならその過程でSESやる分には良い事だと思います。というか、絶対その道は外せない。
ただなぜ内製化していく事の大変さ、プロセス、計画を社員には出来る限り理解をしてもらうように説明をしなければならないのかなと。それをしない会社が多い事。何を目指しているのか、何をしたいのか社員が分かってなければそりゃついてこないわ。

逆に「内製化なんてやんないよ、リスキーじゃん。安定して俺は儲けるんだ!」って社長さんも、私はそれはそれで良いと思っています。まず企業が安定することは絶対条件です。会社が潰れて雇用を維持できないくらいであれば、無理して内製化をすることは無いです。
ただうちは人出しでやるんだ!っていうのであれば、それを社員にきちっと伝えるべきです。そして終身雇用は出来ないというのも逆にはっきり伝えるべきかと。「若いうちに技術を身に付けて、他の会社に行って活かすんだ。」くらいの声をかけて欲しいものです。離職率は高くなるでしょうけど、その分採用に資源を入れましょう。これもまた一つのビジネスモデルです。なんか良いような事を社員には伝えて、適当に引き延ばして売り上げを立てようなんて考えないで、社員が辞めたいと言ったら止める事はせず、去る者は追わない姿勢が好ましい気がします。その分また新しい人を採用して、「うちはこういう会社なんだけど、一時的にでも来て頑張って欲しい」くらいな感じで採用して、人的補充をすれば会社も安泰です。
まあこのやり方がはたから見て良いのか悪いのかは何とも言えませんが、人道に反しないやり方をする分には良いのかなと思います。

と、どこぞのいち営業ですが、私なりの主張でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA